サイトリニューアル記念!全品送料無料

島村楽器 楽譜便

  1. トップ
  2. 楽典・音楽書・書籍
  3. 評論・エッセイ・読み物・その他
  4. ピンク・フロイド 全スタジオ・アルバム徹底検証 / シンコーミュージックエンタテイメント
  • 送料無料

ピンク・フロイド 全スタジオ・アルバム徹底検証 / シンコーミュージックエンタテイメント

オンラインストア

商品コード:mtg0083059

メーカー希望価格: ¥3,024(税込)

3,024(税込)

  • 商品写真
ピンク・フロイド 全スタジオ・アルバム徹底検証 / シンコーミュージックエンタテイメント

商品説明

15枚のスタジオ・アルバムで辿るピンク・フロイドの偉大なる軌跡
英『CLASSIC ROCK』誌の編纂による“MUSIC MILESTONES”シリーズのピンク・フロイド編、待望の邦訳版。
デビュー作『夜明けの口笛吹き』から最終作『永遠(TOWA)』までの15枚のスタジオ・アルバムを再検証した一冊。精鋭のライター陣による各アルバムの詳細な解説をはじめ、ノーマン・スミス(プロデューサー)、ストーム・ソーガソン(デザイナー)、バルベ・シュローデル(映画監督)、ボブ・エズリン(プロデューサー)、ジェラルド・スカーフ(イラストレーター)など関係者への言及も見逃せない。巻末にはデイヴ・ギルモアの機材を紹介した「ようこそマシーンへ」、「ピンク・フロイド珠玉の10曲」も掲載されている。
偉大なるバンドの軌跡を丁寧に辿った決定版。オール・カラー。
【CONTENTS】
夜明けの口笛吹き REVIEW(レヴュー)
スペース・ロックにお伽噺、そして幼年期の恐れと不安へ向かう片道切符。
FOLLOW THE PIPER (口笛吹きにつづけ)
60年代の時流に乗ったピンク・フロイドのデビュー・アルバム。
シド・バレットをリーダーとして時代のサイケデリック精神を的確に捉えた。
神秘 REVIEW(レヴュー)
シドのサイケデリックな過剰さに別れを告げ、さらなるスペーシーなサウンドを導入するフロイド。
A TIME OF TRANSITION (移行の時)
シド・バレットが抱えた深刻な問題と、それによってバンドが被った渾沌と不安が、乱雑ながらも興味深いセカンド・アルバムを生む。
モア REVIEW(レヴュー)
シドは去り、ピンク・フロイドのサード・アルバムはやっかいで面食らうような作品となる。
THE MAKING OF MORE (メイキング・オブ・『モア』)
ピンク・フロイドとして初めて正式に取り込んだサウンドトラック・アルバムであり、新たなサウンドの開拓に向かわせてくれた作品。
ウマグマ REVIEW(レヴュー)
4セクションに分かれた実験的アルバムで、ピンク・フロイド再登場。
BAND OF FOUR (バンド・オブ・フォー)
今やシド・バレットの時代はバンドの過去の中に完全に埋められ、4人はアヴァンギャルドの世界に手を染める。
原子心母 REVIEW(レヴュー)
フロイドの音楽の旅路において重要な役割を果たした異色のアルバム。
HEART OF THE MATTER (核心事情)
怒りっぽい管楽器奏者たち、ダダイストの協力者、英国労働者革命党・・・・・・ようこそフロイド作品でも一、二を争う難解なアルバムへ。
おせっかい REVIEW(レヴュー)
サイケデリック・ブルース・ロック、ジャズの香り、ウォーターズの「幸せな」ひととき、一匹の犬に捧げられた曲。
FINDING FOCUS (軸足を見つける)
シド・バレット時代のもやを振り払い、バンドは自分たちの確固たるサウンドを発見。
スタジオ・バンドとしての道筋をつける。
雲の陰 REVIEW(レヴュー)
一体感がありながら過小評価されている、映画『ラ・ヴァレ』のためのアルバム。
INTO LA VALLEE (未開の谷へ)
音楽的に大気圏を突き抜けることになるプロジェクトの渦中にいたバンドの姿。
狂気 REVIEW(レヴュー)
4人が頂点に達した、完璧なフロイドの形。
LET THERE BE DARK (闇あれ)
時空を超えた珠玉の名作ですべてが劇的に変わる。
炎?あなたがここにいてほしい REVIEW(レヴュー)
固唾を呑んで待ち望んでいたファンを十二分に満足させる出来。
POSTCARD FROM THE EDGE (崖っぷちからの葉書)
不在を語るピンク・フロイドのアルバムは、今日まで依然として色褪せないサウンドを持っている。
だがバンドにとってすんでのところで最後の美酒ともなり得た。
アニマルズ REVIEW(レヴュー)
パンク勃発。ロジャー・ウォーターズもオーウェルを召喚し毒を吐く。
CALL OF THE WILD (野生の呼び声)
1970年代英国の社会秩序を激しく糾弾する怒りのコンセプト作品であり、バンドの終わりも早めることに。
ザ・ウォール REVIEW(レヴュー)
さらな狂気と、カルテットの終焉。
BACK TO THE WALL (壁へ戻る)
壁が解決策だと考えたのはドナルド・トランプが最初ではない。
一番乗りしたのはピンク・フロイド
ファイナル・カット REVIEW(レヴュー)
あるいはとどめの一撃か?
壁が崩壊し始めて現れたアルバム?
END OF AN ERA (一つの時代の終わり)
ロジャー・ウォーターズが父に捧げた鎮魂歌であり、バンドの作品群の中でもっとも波紋を呼ぶアルバム。
鬱 REVIEW(レヴュー)
ようやく産声を上げたギルモアの赤ちゃんを、ロック・プレスは喜々として目の敵に。
AN ACT OF DEFIANCE (抵抗行為)
低評価はこれまでずっと変わっていない。
しかしウォーターズ抜きのピンク・フロイド初アルバムとしての長所がないわけではない。
対 (TSUI) REVIEW(レヴュー)
より軽やかに、より開かれた音作り・・・・・・VS.統一感のない歌詞。
RINGING THE CHANGES (変化の鐘を鳴らす)
前作で起こった訴訟絡みごたごたが片づいたピンク・フロイドは、かつての仲間たちを招集し14枚目のスタジオ・アルバムを制作。
永遠 (TOWA) REVIEW(レヴュー)
故リチャード・ライトへのトリビュートであり「別れのアルバム」
FOND FAREWELL (愛しきお別れ)
最後のアルバム。
だがそのルーツは20年以上も前のレコーディングに遡る。
ピンク・フロイド 珠玉の10曲
もしも10曲しか選べないとしたら?
  • 版型:A4
  • 総ページ数:120
  • ISBNコード:9784401647194
  • 出版年月日:2019/07/16

評論・エッセイ・読み物・その他


【島村管理コード:15120190626】

レビューを投稿するにはログインが必要です

レビューを投稿する

ピンク・フロイド 全スタジオ・アルバム徹底検証 / シンコーミュージックエンタテイメント

レビューを投稿しました。

評価 必須
星をクリックして入力してください
ニックネーム 必須
タイトル 必須
コメント (200文字) 必須

※コメントは承認制です。表示に時間がかかる場合があります。
※いただいた投稿の中に、不適切な表現がある場合は表示されません。
※ニックネーム・コメントに個人情報は記入しないでください。
※商品ページが削除された場合、投稿したコメントは削除されます。

関連情報