店内全品 全国どこでも送料無料! コンビニ後払いOK! 最短即日出荷
  1. トップ
  2. 楽典・音楽書・書籍
  3. 文庫・新書
  4. 古代金属国家論 / リットーミュージック

古代金属国家論 / リットーミュージック

オンラインストア

商品コード:g0218759

メーカー希望価格: ¥880(税込)

880 (税込)

  • 商品写真
古代金属国家論 / リットーミュージック

商品説明

内  容
霊山、山伏、ミイラ、大仏、そして曼荼羅から日本文化の魂を探る
「日本の背骨のように繋がっている山の中に、かつて山伏のアジールがあった。そこは治外法権で、『もう1つの国家』を形成していたのではないか。そして修験道や密教は今のような単なる呪術集団ではなく、高度な科学技術者集団でもあった」。そんな前提から、写真家、民俗学者の内藤正敏と松岡正剛の対話が始まります。時は1970年代後半、文化的な熱気をはらんだ時期です。「義経は山伏集団のリーダーだった」「秀吉と家康のマンダラ対決」「田沼意次は金属国家の仕掛け人、田中角栄」「大和政権=華厳思想 VS.奥州藤原氏=浄土思想」などなど、さまざまな歴史的な事象が山伏、ミイラ、大仏、鉱物(金属)、植相などをキーワードに縦横無尽に語られていきます。そのスピード感は、工作舎のプラネタリー・ブックスならではだと言えるでしょう。
【CONTENTS】
■第1談 山岳信仰と修験道
古代日本の全体構造を象徴する「ヤマ」
霊山の植相が明かす古代修験の謎
「ヤマ」と「モリ」に山岳信仰の発生を観る
阿弥陀ケ峰をめぐる秀吉と家康の闘い
最古のマジシャン役小角こそ山伏の祖先だった
「ヤマ」はタオイズムの流出現場でもある
■第2談 出羽三山と煉丹術
山伏こそもう一つの・隠された国家・だった
中国道教の古代科学と即身浄法
煉丹術の神秘は生と死の可逆反応にあった
鉱物の結晶世界を秘めた修験道
■第3談 山相秘録としての国家論
山は巨大なサナギである
大仏造営の国家論的必然性
場所のボテンシャル・エネルギーを読む
大仏は華厳国家の象徴でもあった
■第4談奥州戦争と平泉黄金マンダラ
北方の脅威と日本の武力的構造
平泉黄金マンダラに封印されたミイラは・超大仏・だった
義経は山伏集団のリーダーの一人だったか
・即身仏アジール・は中間領域の逆襲のバラードである
■内藤正敏が選んだ文献一〇〇集
解説:小松和彦
著者 プロフィール
内藤 正敏(ないとう まさとし)
1938年東京生まれ。26歳、白木屋で「日本のミイラ」大写真展開催。篠山紀信と共に日本写真批評家協会新人賞受賞。見世物小屋で看板写真展をやりながら全国を巡行(どさまわり)したかと思うと、ニューヨーク近代美術館の「ニュージャパニーズ・フォトグラファー展」に参加。『ミイラ信仰の研究』や『聞き書き遠野物語』などで金属民俗学を展開。法政大学出版局から著作集を刊行。
松岡 正剛(まつおか せいごう)
編集工学研究所所長・イシス編集学校校長
1944年、京都市生まれ。1971年工作舎設立、総合雑誌『遊』を創刊。87年編集工学研究所を設立。以降、情報文化と日本文化を重ねる研究開発プロジェクトに従事。2000年にインターネット上に「イシス編集学校」を開校するとともに、ブックナビゲーション「千夜千冊」の連載を開始、現在も更新中。おもな著書は、『知の編集工学』『知の編集術』『多読術』『17歳のための世界と日本の見方』『日本流』『日本数寄』『山水思想』『日本という方法』『ルナティックス』『フラジャイル』『松岡正剛千夜千冊』(全7巻)『連塾─方法日本』(全3巻)『にほんとニッポン』『国家と「私」の行方』ほか多数。
  • 版型:A6
  • 総ページ数:160
  • ISBNコード:9784845628766
  • 出版年月日:2016/11/18

文庫・新書


【島村管理コード:15120180420】

レビューを投稿するにはログインが必要です

レビューを投稿する

古代金属国家論 / リットーミュージック

レビューを投稿しました。

評価 必須
星をクリックして入力してください
ニックネーム 必須
タイトル 必須
コメント (200文字) 必須

※コメントは承認制です。表示に時間がかかる場合があります。
※いただいた投稿の中に、不適切な表現がある場合は表示されません。
※ニックネーム・コメントに個人情報は記入しないでください。
※商品ページが削除された場合、投稿したコメントは削除されます。

関連情報